一般財団法人消費科学センター

- Powered by PHP工房 -

スケジュール

実施日 講座
2021年
5/12(水) 森林と国土保全の関係を学ぶ
安髙 志穂 林野庁 森林整備部 森林利用課 山村振興・緑化推進室長
5/29(土) 森林ボランティア
群馬県利根郡川場村
6/17(木) キャッシュレス決済とデジタル通貨
奥原 早苗 東京都金融広報アドバイザー
7/14(水) 資源としての水
橋本 淳司 水ジャーナリスト
7/28(水) デジタル社会とは
黒崎 政男 東京女子大学現代教養学部教授
   
   
 
   
 
  公開シンポジウム 
コーディネーター:
パネリスト:
パネリスト:  
会場:
2022年
      
 


⇒お申込みはこちらから

消費者大学講座

今、消費者・国民が知らなければならないことは何でしょうか。 消費科学センターは、知るべきことを知るために、年間を通して「消費者大学講座」を開催しています。 毎日社会で起こっていることの本当の意味、あるいは道筋が見えてくるかもしれません。 1回(2時間)の受講料は500円。講師の方々の顔ぶれからはとても想像できない、安い料金設定が好評です。 ぜひご参加いただき、あなたのお考えをお聞かせください。お待ちしております。

見学会

食品メーカーさんを始めリサイクル関連現場、林業現場など様々な見学会を開催しています。 一部見学によっては実費がかかりますのでご了承ください。 百聞は一見に如かずとか・・・お目に留まったおりには是非ご参加ください。

« Prev123

  • 2019/07/09(火) 報告【報告】2019.7.3.消費者大学講座
      消費者大学報告令和元年7月3日(水)1時半~3時半『自然エネルギーの功罪』小野 章昌氏   (エネルギーコンサルタント)自然エネルギーを電源として利用する場合には2種類に大別される。1つは、安定供給が可能...
  • 2019/06/28(金) 報告【報告】2019.6.19.消費者大学講座
      令和元年6月19日(水)午後1時30分~3時30分『生活の中でのCO2排出削減』稲葉 敦氏 (工学院大学 先進工学部環境科学科 教授)日本人は計算上1年間に一人当たり10tのCO2を排出している。生活の中で排出して...
  • 2019/06/18(火) 報告【報告】2019.6.5.消費者大学講座
      テーマ:「電気事業の現状と課題」講 師:伊藤 友宣氏(電気事業連合会 広報部 部長)エネルギー問題を考える時、S+3Eが重要となる。「安全確保Safety」がまず大前提にあり、次に3つのEとして、「安定供給E...
  • 2019/06/18(火) 報告【報告】2019.5.15.消費者大学講座
      テーマ:防災は可能か?私たちにもできることはあるのか講師:島村誠氏(工学博士 国立研究開発法人防災科学技術研究所 気象災害軽減イノベーションセンター センター長)今回の講座では、鉄道林から防災をみ...
  • 2019/06/18(火) 報告【報告】2019.5.8.消費者大学講座
      『異常気象には原因があるのか』「地球温暖化と異常気象」塩竈 秀夫氏 (国立研究法人 国立環境研究所 地球環境研究センター 機構変動リスク評価研究室 室長) 気温変動シミュレーションを用いて19世...

« Prev123

- Powered by PHP工房 -